商いが上手くいかない理由



商いが上手くいかない理由は簡単 「本気で」稼ぐ気がないからです。 私の所へコンサル相談に来る経営者で なんとか売り上げをあげたいのですが・・・ という悩みは非常に多くあります。 ただ、実際にHPを作り、色々なテクニックをお教えしても 本業が忙しいからと長続きしない。 つまり、腹の底から稼ぐ覚悟・気がない。 非常にこのパターンが多い。 どうしてそうなるのか 1.今の現状でもぎりぎり食っていけると思っている 2.今の現状でまあまあ食っていけると思っている 3.倒産寸前で捨て身になってしまっている  (今更こんなことをやっても・・・という意識) 4.本業に関わるスキルさえ磨き続ければいつかは成功すると思っている 5.やる気はあるのだが、本業以外にかける暇がない のいずれかに当てはまる場合が多い。 このような経営者が陥るのは 巷にある◯◯さえすれば・・・シリーズの本や情報商材。 つまり、手っ取り早く結果を出せるものに手を出してしまう。 その本が良心的で有効なものかどうかは3年後にわかる。 一度リサーチしたことがあるが、そういう筆者の今はという本を書いたら 面白い結果となること間違いないだろう。 スポーツでもそうだが やはり、継続は力なりなのだ。 継続できなかった者がどんどん振り落とされ 諦めなかった者がご褒美をいただける。 この法則は今後も変わらないだろう。 だから、成功するものは一部でしかないという法則も変わらないだろう。 要は あなたが 諦める人になるか 諦めない人になるか これが成功の分岐点の大前提となると思う。 大前提というのには訳がある 諦めないというのは 最低必要条件という意味だからだ。 まず、絶対に諦めない このスタートラインを確認することが大切だ。


11回の閲覧

Copyright(C)株式会社グローバルリーディングAll Rights Reserved