​診断結果

​IT業務効率化度

​★★★★

​1〜4

1から4個しかチェックが入らなかった企業は、まだ「働き方改革」についてほぼ施策検討をしていないという状況が想像されます。
2019年は大企業そして2020年度には中小企業をも巻き込んだ業務改善の対策が求められます。
何よりも気になるのは残業制限規定の施行です。
4個以下の企業は、残業カットの具体的施策が頭に浮かんでいないのではないでしょうか?
​まずは国の働き方改革を熟慮し「できることから改革を」をモットーに進めてみましょう。

★★★★★★★

​5〜7

5から7個チェックがはいった企業は、ある程度業務改善ツールについては検討しているものの、具体的にどのようにツールを組み合わせ、業務効率化に繋げれば良いのか模索をしている状況ではないでしょうか。
各種展示会等へ出かけてみても、あまりのツールの多さとその細分化により、なかなか自社に合うツールと出会えていないのではないでしょうか。
​そのな時は基本に立ち戻り、業務改善の基礎ツールを使いこなす第一歩からのスタートをおか進めします。

★★★★★★★★★★

​8〜10

8個以上チェックがついた企業は積極的に、自社での業務改善を行なっていると思われます。
ただ、ツールは導入したものの社内スキル浸透の部分でつまづく企業が多くなるのもこの段階です。
中小企業の場合、その業務改善ツールにかけられる費用も限られたものとなるのも事実です。
よって大企業ターゲットのツールを選択していると非常に分が悪くなることもあります。
​中小企業の業務改善は基礎的な事を完璧にこなす事だと心得まうに進みましょう。

​無料オンライン勉強説明会に参加しませんか

当塾では、オンラインで気軽に参加できる勉強会を随時行なっています。御社の現状把握、そして今後のIT戦略や業務効率化施策の立案等にぜひお役立てください。

Copyright(C)株式会社グローバルリーディングAll Rights Reserved